こんにちは。DAIです。

 

既に行政書士の資格を持っている人から、

独立開業についての相談を受けることがよくあります。

 

ほとんどの人が「本当に食っていけるか」、「後になって後悔しないか」、「もし自分には向いていなかったら・・・」というようなことで悩んでいます。

 

つまり、失敗した時のリスクばかりを気にしているのです。

 

 

確かに行政書士に限らず士業で独立開業するというのは、

サラリーマンで毎月月給をもらって生活するのとは、まったく異なります。

 

決して安定しているなどとはいえません。

 

さらに今の世の中です。失敗する可能性も大いにあるでしょう。

 

 

そこで私はそのような相談を受けた場合は、

甘いことは言いません。

 

非常に厳しい世界であることを伝えます

相談してくる方が心配しているようなことは大いにあり得ると。

 

でもそれと同時に訊いてみます。

 

「なぜ、行政書士で開業したいと思ったのですか?」と。

 

するとほとんどの方が、、、

 

・自由

・やりがい

・収入

・野望

 

のように答えます。

 

独立開業は厳しいの時事に違いありませんが、

確かにそれらを手に入れることができるのも事実です。

 

 

・・・結局、迷っている人も答えは自分の中にあるのではないでしょうか?

 

 

そういった方には私はこのようにに伝えます。

 

「私の知るなかで独立開業して後悔している行政書士はいません」と。

 

 

だって、事実ですから。

 


応援クリックおねがいします

 

 

ようやく立春。暦の上では春ですね。

でも今週もまた雪が降るとか。。。



【あなたにおすすめの記事】

開業したての方、開業したけど今一つ営業がうまくいかない方、 そんな方向けのマニュアルを紹介した記事です↓↓↓

行政書士開業マニュアルのすすめ