行政書士試験にはほとんど実務に直接関係する知識は出題されません。

 

一方、その他の資格試験は(例えば司法書士・税理士・社労士など)どの試験をみても、

実際に実務で必要な知識を問う問題が出題されています。

 

そのお陰で、試験に合格すれば即実務に就くことも可能です。

 

しかし行政書士試験はそういうわけにはいきません。

 

合格したら試験の知識とは別に一から実務を学ぶ必要があります。

 

 

なぜ行政書士試験は実務と関連性が低いのでしょうか。

 

その理由の一つに、実務=建設業や宅建業などの許可申請を

メインとして考えたとき、行政書士のそれ自体が法律知識を

それほど必要とするものではないということがあると思われます。

 

もちろん法律知識は必要です。

 

ただそれ以上に事務能力が求められます。

 

物事を整理して考え、許可要件と一致するよう

全体の整合性をとって書類をそろえ作成する能力です。

 

そういうことを要件として考えると、

試験制度もあのようになるのかな、という気もします。

 

それが良いとか悪いとか、試験の難易度と仕事の質については

別の機会に書こうと思いますが、とりあえず試験自体は

今の延長線上で行くのだろうと思います。

 

ただ民法に関する出題はもっと増やすべきだと思いますが。

 



【あなたにおすすめの記事】

開業したての方、開業したけど今一つ営業がうまくいかない方、 そんな方向けのマニュアルを紹介した記事です↓↓↓

行政書士開業マニュアルのすすめ