お客様から仕事についての問い合わせがあった時は、

できるだけ内容を省略せずに説明しています。

 

必要な費用についても実際に手続き流れについてもです。

 

問い合わせをしてくるお客様というのは、

こちらが思っている以上にその業務について知識がありません。

 

だから行政書士に依頼するわけですから、

当然のことです。

 

そこでこれでもかって位に丁寧に事細かに説明して差し上げる。

 

それだけで雲が晴れたように感動してもらえることもしばしばあるのです。

 

もちろんその後の業務受託につながることは言うまでもありません。

 

色々と細かいことを聴いてくるお客様を「神経質でうるさい客だなぁ」と思ってしまってはいけません。

 

そういうお客さまこそ懇切丁寧に説明することで、

逆にあなたに全幅の信頼を寄せてくれるようになるものです。

いわゆるリピーターにもなってくれる可能性が高いです。

 

逆に対して質問もせずただ頼まれたことだけやってくれればいいという場合もあります。

 

それはそれで一つの業務としては問題ないのですが、

リピーター率は低いようです。

事務所の名前すら覚えてもらっていない場合すらありますから(泣)。

 

 



【あなたにおすすめの記事】

開業したての方、開業したけど今一つ営業がうまくいかない方、 そんな方向けのマニュアルを紹介した記事です↓↓↓

行政書士開業マニュアルのすすめ