こんにちは。DAIです。

 

先日、新しいコピー機の契約をしたのですが、

少しでも経費節約をしたくて3社ほど相見積を取らせていただきました。

結果的に一番、費用対効果が高いと思う業者さんと契約したのですが、

その営業マンの対応を見て感じたこと。

 

・嬉しいことをしてもらったら大げさに喜ぶ

・感謝の気持ちは大げさに伝える

 

私が購入したコピーなどは安いモノで、

彼にとって大した契約でもないと思うのですが、

それでも大げさなくらい、喜んでくれました。

お礼も頭を下げて何度も言ってくれました。

 

この相手に「くれた」と思わせるの、大事だなぁ、と感じます。

 

 

例えば馴染みのクライアントから定期的な定型業務の

依頼が来たと時とか、なんとなく事務的に処理したりしていませんか?

 

 

仕事をもらった時は大げさに喜ぶ、大げさに感謝する。

そうすることでお客様にもその気持ちが伝わり、

「こんなに喜んでくれた」と思ってもらえると思います。

 

それが次の仕事につながることは言うまでもありません。

 

 

嬉しいことを嬉しいと伝え、

ありがたいことをありがとうと伝えるわけですから、

特に難しいことはありませんよね?

 

 

少し大袈裟にして相手に伝わりやすくするだけですから。

 

 

同業や他士業の知人に仕事を紹介しても、リアクションが悪かったりすると、

逆に「あれ、紹介して悪かったかな?」と思うことありませんか?

 

 

あれとまったく一緒ですね。

そういう人には次から紹介しづらくなりますよね。

 

自分のクライアントにそう思われないためにも、

感謝のリアクションは大げさなくらいがちょうどよいようです。

 

一般企業の営業マンなら誰でも出来ていることですよね。

 

 



【あなたにおすすめの記事】

開業したての方、開業したけど今一つ営業がうまくいかない方、 そんな方向けのマニュアルを紹介した記事です↓↓↓

行政書士開業マニュアルのすすめ