実際に実務を始める前、あるいは始めたばかりのころ、

書店で売られている行政書士開業本や行政書士会の研修などでよく言われたのが、

 

 

「行政書士は人が好きでないと務まらない」

 

「人と接することが好きな人は行政書士に向いている」

 

などのように大切なのは前向きに人と接するということでした。

 

 

これはもちろん、ある面では真理です。

 

 

では人と接するのが苦手な人、人見知りな人は行政書士に向かないのでしょうか?

 

 

「まったくそんなことはありません!」

 

 

確かに一昔前までは直接、お客様に会って信頼を得るという営業がほとんどすべてでした。

 

そして一度、信頼を得たお客様からリピートしてもらい、また新しいお客様を紹介して頂く。

 

つまり、一つの仕事が次の仕事の営業になるというモデルでした。

 

 

今でもこの方法で稼いでいる先生もいることは事実です。

しかし、現在の行政書士の営業方法は多種多様なのです。

 

 

そのもっともたるものがインターネットを利用した営業。

 

行政書士に限らずあらゆる資格業の営業方法がインターネットにより大きく変わりました。

 

 

インターネットを利用すれば一度もお客様と会うこともなく、

それどころか電話で話しをすることすらなく、

業務を受任→完結することが可能です。

 

 

むしろ現在、ネットを利用して稼いでいる先生たちは、

このようなモデルの方が多いのではないでしょうか。

 

 

ITを利用して業務を効率化して、大量受任を可能にする。

 

 

そんなスタイルを確立できれば、

はっきり言ってお客様に直接会うのは非効率です

 

 

またお客様自身も直接、行政書士に会いたいと思っていないケースが多いのです。

会わなくてもしっかり早く仕事をしてくれれば問題ないと。

 

これなら人見知りでも人嫌いでも行政書士として成功することは難しくないのです。

 

結局はやり方次第なんですよね。

 

自分に合う営業方法というのは必ず見つかります。

 

 



【あなたにおすすめの記事】

開業したての方、開業したけど今一つ営業がうまくいかない方、 そんな方向けのマニュアルを紹介した記事です↓↓↓

行政書士開業マニュアルのすすめ