こんにちは。DAIです。

 

行政書士の実務、業務には申請書や法的文書作成の他に、

当然ですが何気ない業務も含まれています。

 

「何気ない」って?と思われたかもしれませんが、

いわゆる「成果物以外の業務」のことです。

雑用のことではありません。

 

 

※何事にも裏方さんがいて成り立っているように仕事についても、

実際に表舞台に立たない面が多く、それを「雑用」と呼ぶのは忍びないので、

私は「雑用」という言葉は好きではありません。

 

役所に提出する申請書など、成果物としての書類は

誰でも集中して作成し、何度も見直しをするので、

それ程、単純ミスをしたりすることはないでしょう。

 

 

しかし、例えばちょっとしたメール文や

サイトの文章やブログ記事など、

勢いで書いてしまい、誤字などをしてしまうことが多いのです。

 

私も実はうっかりミスをしやすい人間だったりします。

 

先日もとある文章で、

「発起人」のことを「ホッケ人」と書いてしまいました(汗

 

 

いわゆる身内向けの書類だったので、

恥は最小限に防げましたが、

これがお客様あてや公になるようなものであったら、

完全にアウト!です。

 

 

やはり行政書士は実務ができるのは最低条件です。

その行政書士が作成した書類に誤字があっては、

完全に信用問題。それ以上に単にバカだと思われます。

 

 

当然、そんな人に仕事を頼むわけありません。

 

 

何気なく作る書類にこそ、気を張らないといけません。

 

もし、このブログで誤字を見つけたら教えてくださいね。

 

 


応援クリックおねがいします



【あなたにおすすめの記事】

開業したての方、開業したけど今一つ営業がうまくいかない方、 そんな方向けのマニュアルを紹介した記事です↓↓↓

行政書士開業マニュアルのすすめ