こんにちは。DAIです。   一昔前までは行政書士に限らず○○士というのは「先生」でした。     一般の方が知らないこと、できないことを教えてあげる、代わりにやってあげる。 そういう存在だったのです。

 

 しかし、インターネットが一般化されるようになってから 一般の人が知りたくても知ることができないこと、やりたくてもできない事というのは、 行政書士の業務分野ではほぼなくなった、と言ってよいでしょう。    

 

建設業の許可にしても風営にしても会社設立にしても、 インターネットで検索すれば誰でもできる時代なのです。    

ではなぜいまだに我々行政書士に業務を依頼してくれる方がいるのでしょうか?    

それは単純に自分でやるのが面倒だから。費用対効果に合わないから。 ということだと考えます。    

 

つまりやろうと思えば自分でできるけど、 お金を払って他人やらせたほうが結果的に得をするからということなのです。    

 

さらに以前は行政書士など身近にいないので、 紹介などしてもらうと後はこちらの言値で受注なんてケースも多かったのです。    

 

しかし今はインターネットで検索すればいくらでも安い事務所を探せます。

むしろその業務を得意としている事務所ほど、生産性が高いため、 報酬を安く出来るのです。  

 

そうなるとお客様は見積もり取り放題です。  

その中から費用面も含め自分が気に入った事務所に依頼すればいいだけです。    

 

当然、「先生」にお願いするなんて意識はまったくもっていません。

 

それは当然のことなのです。  

 

逆に「自分は先生だ」と思いたい人はもはやこの仕事に向いていません。    

 

ときどき自分のことを「○○先生」等と書かれているホームページなどを見かけますが、 正直、違和感を覚えます。  

 

ごく一部の本当に極めている人を除いて 行政書士に限らず士業に権威などはもうないでしょう。    

 

でもそれは悪いことではありません。  

 

もっと身近で依頼者に近い存在にもなれるのですから。  

 

 

その中で各人権威に頼らず、 本当に必要とされる営業方法を身につけることができるはずです。  



【あなたにおすすめの記事】

開業したての方、開業したけど今一つ営業がうまくいかない方、 そんな方向けのマニュアルを紹介した記事です↓↓↓

行政書士開業マニュアルのすすめ