行政書士試験は一定の点数を取ることができれば合格できます。

 

高得点者から数えて上位○パーセントが合格するという競争試験ではありません。

 

よって年により合格者数にかなりのばらつきがあります。

 

 

一万人以上合格する年もあれば、

1000人ほどの合格者しか出ない年もあるのです。

 

いずれにしろ毎年、かなりの数の人が行政書士になる資格を手にしていることに違いはありません。

 

 

にもかかわらず実際に登録して開業する人はごくわずかなようです。

 

現在日本全国で登録している行政書士の数は4万人ほどらしいですが、

 

毎年、数千人以上の有資格者が発生していることを考えると、

異常に少ない数字ではないでしょうか。

 

 

そのことからやはり資格を取得してみたものの、

開業するに二の足を踏む人が多いことが見て取れます。

 

 

なぜ、彼らは苦労して資格を取得したにもかかわらず、

登録・開業をしないのでしょうか?

 

 

まず、もともと独立する気がない人がかなりいると思います。

 

他の資格試験の登竜門として受験してみたり、

単なる自己啓発で受けてみたりするわけです。

 

 

ではそうではない人々はなぜ登録しないのでしょうか?

 

 

きっと、独立開業しても食べていくことができないと思っているからでしょう。

 

仮に生活はできたとしても現状と照らし合わせ、メリットが少ないと。

 

 

それはその人の判断なのでよろしいと思います。

 

 

そうして最後に残った人々。

 

それは独立するつもりで受験して、

かつ行政書士として成功する気概または自信を持っている人でしょう。

 

 

私はそういう人たちが行政書士として成功することを願ってやみません。



【あなたにおすすめの記事】

開業したての方、開業したけど今一つ営業がうまくいかない方、 そんな方向けのマニュアルを紹介した記事です↓↓↓

行政書士開業マニュアルのすすめ