行政書士の知名度はどれくらいあるのでしょうか。

 

士業と関係ない職業の方でも少なくとも名前くらいは耳にしたことくらいあるかもしれません。

逆を言うと名前を聞いたことはあっても実際、

どのようなことをする資格なのかはよくわかりません。

 

職域の区別などももちろんわかりません。

 

 

それは依頼をしてくれるお客さまも同様です。

行政書士と司法書士の区別もつかない方も多いようです。

 

結局、お客様にとって頼む先が行政書士だろうと司法書士だろうと

税理士だろうとどうでもよいことなのです。

 

必要なのはお客様が望む結果を提供できるかどうかなのです。

 

支払って頂く報酬に見合う満足を与えられるかどうかということです。

 

 

この話は職域を無視して良い、ということを言っている訳ではありません。

 

資格により法定された職域を守るのは当然です。

 

これを無視するのは、資格商売として致命傷です。

 

 

そういうことを言っているのではなく、大切なのは、

どのような資格であっても、まず必要なのはお客様の立場に立ち、

サービスを提供し満足して報酬を支払って頂くということです。

 

当たり前のことですが、

忘れがちなことではないでしょうか。

 

 



【あなたにおすすめの記事】

開業したての方、開業したけど今一つ営業がうまくいかない方、 そんな方向けのマニュアルを紹介した記事です↓↓↓

行政書士開業マニュアルのすすめ