開業する際の大きな悩みのひとつが事務所を自宅にするか外に借りるかということでしょう。

 

仕事をするからには自宅とは分けて事務所を設ける方がいいという人もいますし、自宅でやった方が通勤時間もなくていいという人もいます。

 

そのあたりは好みや性格、自身の環境で決めて頂いていいと思います。

 

それよりも大きな問題となるのが、やはり家賃を払えるかという点と来客がある場合どうするかという点になると思います。

 

家賃ついては少なくても数万円は掛かりますので開業当初で売上が読めない状況ではキツイですよね。

 

 

敷金・礼金も必要ですし、できれば初期段階での支出は抑えたいものです。

 

来客がある場合もやはり自宅に不特定多数の方が来るというのは不安もありますし、家族がいれば余計に気も使います。

 

お客様の方も「え?自宅なの???」って戸惑う方も多いですし、信用面ではやはり事務所を別に構えたいところですが…でも、出費は抑えたいのも切実な問題です。

 

私が開業当初の方におススメしているのが、事務所は借りずに自宅またはすごく安いバーチャルオフィスを借りる。

そして来客は受付けず、基本的にこちらから訪問するという方法。

 

もちろん先方の希望であれば外のカフェなどで面談してもいいと思います。

 

「事務所は自宅なので来ないでください」ということではなく「こちらからお伺いしますよ!」すればフットワークの良い行政書士としてアピールすることができます。

 

お客様にとっても向こうから来てくれれば都合がいいですよね。

 

開業当初のまだ比較的に時間に余裕がある時期だからこそできる方法とも言えます。

 

そして業務が軌道に乗って経済的にも余裕ができたら事務所を借りるかどうか改めて判断すればいいですね。



【あなたにおすすめの記事】

開業したての方、開業したけど今一つ営業がうまくいかない方、 そんな方向けのマニュアルを紹介した記事です↓↓↓

行政書士開業マニュアルのすすめ