こんにちは。DAIです。

 

試験に合格はしたけれど、

開業しようかどうしようかと悩んでいる人、

もしくはこれから行政書士試験に挑戦しようかと迷っている人、

そういう人にとって、一番気になるキーワードの一つが

「行政書士の年収」

ではないでしょうか。

 

分かります。その気持ち。

 

インターネットで検索してみると、

「行政書士の年収は300万円以下」

「行政書士=食えない資格」

などのとってもネガティブな情報がたくさんあります。

 

 

これでは実態を知らない人は、

不安になっても仕方ないですよねぇ。

 

確かに稼げる人はとっても稼げる、

そうでない人は。。。という世界なので、

「平均年収いくら」という目安は無意味です。

 

 

ただ安心材料として私の周りを見回して実感としては300万円位の年収は、

普通に頑張れば、比較的誰でも稼げると思います。

 

逆に開業した年から最低でもそれくらいは稼ぐ気持ちがないなら、

開業するメリットはないように思います。

 

 

実際、失礼ながら「え?あなた独立して大丈夫?!」と思ってしまうような人でも、

案外、何とかやっていけますよ。

そうして数年後には人並み以上の生活をしていたりする訳です。

 

 

開業した知人・友人は何十人もいますが、

生活できないで廃業した人は今のところ1名しかいません。

 

数千万円の年収を得ている人も数人います。

 

 

そんなに心配しなくても、

思っている以上に世界は広いものです。

 

荒波に溺れても、もがきまくれば、掴まるものは見つかります。

 

 

心配なのは、それすらしない人。

 

 

資格だけあったって食える訳ないじゃないですか。

看板だけ掲げていて、つぎつぎと向こうからお客が来る訳ないじゃないですか。

会社だって何だって、ゼロから始めて黙っていて仕事が来る訳ない。

 

 

営業をして、勉強して、技術を上げて、

そして失敗して、それでも立ち上がって。。。

それを繰り返して仕事は増えていくのです。

 

 

成功している人はその繰り返しを、

ものすごいスピードで実行しています。

 

行政書士に限らず、自分の名前で開業をするというのは、

そういうことだと思うんですよね。

 

 

それが出来ない人は、絶対に向いていないので、

開業するのはやめた方がいいです。

 

行政書士の平均年収うんぬんを気にするよりも、

そういう適性があるかどうかを自己分析する方がはるかに大切です。

 

 

自信がある方はどんどん開業して欲しいです。

士業の世界は能力のある人が成功できないようなつまらない世界ではありません。

むしろ若くてもアイディア、実力次第があれば、

数年で業界のトップになることのできる実力競争社会です。

 

さらには、そういう人の登場が業界自体の活性化、底上げになっているのです。

 

 

 


応援クリックおねがいします

 

 

さてドラフト会議も終わり、

今日から日本シリーズ。

 

3連敗からの大逆境を乗り越えて、

出場権をつかんだジャイアンツにぜひ、日本一になってほしいと思います。



【あなたにおすすめの記事】

開業したての方、開業したけど今一つ営業がうまくいかない方、 そんな方向けのマニュアルを紹介した記事です↓↓↓

行政書士開業マニュアルのすすめ