行政書士はスキマ産業か

行政書士は士業のスキマ産業などと言われることがあります。  

 

例えば司法書士は登記書類、裁判所へ提出する書類、 税理士は税務関係の書類、 社労士は年金、労働関係の書類とのように、 どの士業も作成、代行できる書類のカテゴリーが法律によって明確に決まっています。

  ところが行政書士の場合は、それが具体的に決まっていません。  

 

行政書士法によると行政書士の業務とは 「他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成することを業とする。」 とあります。  

 

つまり、他の法令によって制限されていないのであれば、 どのような書類を作成してもよいと解釈できますね。   それを「フィールドが広くていい」とするか、

 

「専門特化がなく微妙だ」と感じるか。   フィールドが広いと考えれば、 可能性は広がります。  

 

他の士業がやれない(やらない)ニッチを見つけて、 特化するのは行政書士の十八番です。    

 

 

お薦めできる唯一の 開業マニュアル



【あなたにおすすめの記事】

開業したての方、開業したけど今一つ営業がうまくいかない方、 そんな方向けのマニュアルを紹介した記事です↓↓↓

行政書士開業マニュアルのすすめ