海外在住者が代表取締役になれるか

日本住所地がない海外在住者の会社設立についてのつづきです。

 

少し前までは海外在住者が代表取締役に就く場合は、

別途もう1名以上、国内在住の代表取締役が就く必要がありました。
つまり複数名の代表取締役が必要だった訳です。
しかし、現在ではこのような取扱いはなく、

海外在住者1名でも代表取締役に就くことが可能です。

 

つまり役員1名の会社であれば、

日本に居所がない者単独で会社設立が可能になったということです。
でもこれはあくまで登記上可能になったということです。

 

実際に運営するとなると法人口座は開設できるのか?

 

そもそもその手続きを誰が行うのか?

 

そういった問題もたくさんあります。

 

登記上可能でも運営上は海外在住者1名では難しいことが多そうですね。

 

やはりもう一名国内に在住している代表取締役を立てる方が日本で実業を行うのであれば便利そうです。

 

海外在住者1名で設立する場合の資本金払込口座は?

海外在住所が1名で設立する場合、

当然、発起人も海外の人な訳ですから、

資本金を払込する銀行口座はどうすればいいのでしょうか。
払込み銀行は日本の銀行法に既定する銀行に限定されます。つまり下記のパターンのどれかです。

・日本国内にある日本の銀行
・日本国内に支店のある海外の銀行
・日本国内に本店のある海外の支店

 

もちろん上記に当てはまれば信用金庫やゆうちょでも問題がありません。



【あなたにおすすめの記事】

開業したての方、開業したけど今一つ営業がうまくいかない方、 そんな方向けのマニュアルを紹介した記事です↓↓↓

行政書士開業マニュアルのすすめ